レガオだよ♪

オメガ3について少し話していくね。

 

大切なのはバランス

皆んなも知っての通り、脂質は三大栄養素の一つだね!

身体の全ての細胞は60兆個以上あり、その一つ一つの細胞膜が脂質で出来ていて、脳も65%が脂質、ホルモンの原料も脂質。

現代のストレス社会の中でバランスが崩れがちな『ホメオシスタシス 』(恒常性維持機能)

これは、

・体の動きを調整する『自律神経』

・ホルモン分泌をつかさどる『内分泌』

・外部から侵入する異物から守る『免疫』

この三つの働きがバランスを保てることで健康を維持しています。

その、ホメオシスタシス のバランスが崩れた時に元に戻そうとする力を整える働きがオイルにあるのです。

だからと言って、どんなオイルでもいいわけではありません。

飽和脂肪酸と不飽和脂肪酸の二つに分けると。

飽和脂肪酸は動物系

不飽和脂肪酸は植物系

とザックリと覚えてもらえればと思います。

今回、話すオメガ3は不飽和脂肪酸です。

不飽和脂肪酸も3・5・6・7・9に分類され、オメガ3とオメガ6は体内で作れない必須脂肪酸になり、食事から取るしか方法がありません。なのに!!体の調子を整える重要な脂肪酸なのです。

 

オメガ6はサラダ油やマヨネーズなどの加工食品、フーストフードなどで多く使われていて現代では過剰摂取が問題しされています。 取りすぎると様々なアレルギー症状、動脈硬化など慢性疾患の元のなり花粉症やアトピーなどもこれらが原因の一つではないかと言われています。

 

オメガ3と6は相反作用で6は血液を凝固させ止血作用、3はそれを抑制してサラサラにする作用があり、私たち人間には両方とも必要でバランスが重要なのです。

 

 

 

続きは次回のブログで。

最後まで読んでくれてありがとう♪