レガオだよ。

 

今日は、ビタミンB5について書いていくよ。

一例としてみてね。

 

ビタミンB5の働き

・身体すべての機能に関するビタミン。

・副腎皮質ホルモンの生産を増進。

・病菌の感染を防ぎ病気の回復を早める。

・ストレスを和らげる。

・早老、特にシワ等の老化現象を予防。

 

欠乏症

・慢性疲労

・病菌感染

・白髪

・神経疲労

・菌無力症

・便秘

・胃腸障害

・不眠

・低血糖症

・低血圧症

・アレルギー(喘息の原因の1つともみられている)

 

含有食品

・ビール酵母

・小麦胚芽

・ローヤルゼリー

・緑野菜

・豆類

・レバー

・卵黄(卵)

・完全穀類モ類

 

 

 

次回は、ビタミンB6について書くね。