レガオだよ!

今日はなんでミネラルが必要なのか書いていくね。

 

まず、人の体は食べた物で入れ替わり出来ている事は知ってるよね?

髪の毛、爪は伸びて新しくなっているし、皮膚も垢が出る。これは新しい皮膚の組織が古い組織と入れ替わる現象なんだ。これも今まで食べた物で出来ているし、見えないところも入れ替わっている。

血液は約120日

骨は約2年間

体全体は約7年間

全て食べ物で入れ替わるから、7年前の体と今の体は別なものになっていることだね。そう考えるとすごいよね!

近年、食育といって食に関する法律もできてるんだよ。 それだけ食事を軽く考えてはいけない時代になってきたんだね!

 

 

では本当に『必要なもの』とは何?

食べ物から摂れる栄養では70〜80種類のミネラルと数種類ずつのビタミン・アミノ酸・脂肪酸なんだ。

中でもビタミンなどはミネラルがなと吸収しないし、働かない。ミネラルは「栄養の世界のシンデレラ」つまり主役と言われているほど重要なんだね。

世の中には「いいもの」と言われるのもがあるよね「いいのも」はとらなくてもしにはしない。ただ「必要なもの」はとらないと死んでしまう。だからこそまずは「必要なもの」を摂り、経済的に余裕があれば「いいもの」を摂るという順序が大切ではないかと。土台を無視したら、いくらいいものを沢山とっても医学がどんなに進歩して素晴らしい薬ができても本当に元気にならないし、病気も減らない。

じゃ優先順位の高いミネラルを野菜などからしっかり摂ろうと思っても、化学肥料や農薬などで畑が変わって野菜にミネラルがほとんど含まれていないのが現実で、50年前の10分の1以下と言われているんだよ。

アメリカの農務省は国民の99%がひどいミネラル欠乏症だと言ってるし、事実、日本も同じだ。一番必要なものが一番不足しているという大問題!それを知らない人達が多いのも問題だ。

「ノーベル賞2度受賞したポーリング博士は全ても病気の原因を追求するとミネラル欠乏症にたどり着く。」このように言ってる。

そこで一度壊れた畑は元どおりにはならないし、なおすのに何百年とかかる。だから人は自然からとれないなら科学的に作ろうとしたけど、大自然の奇跡は作れるわけもなく、代用品は沢山出てきたけど様々な問題があった。植物からのミネラルはどうやってもとれなくなってしまったわけなんだ。失って初めてその偉大さや尊さを知った感じだよね。

 

採れない、作れない、どうしようもない時に発見されたのがmirioにも入っている『植物性ミネラル』

植物性ミネラルは、1億年前の植物層でその時代の植物が石化も石炭化もならない状態で見つかり、その植物層からとれる塊を蒸留水で長い時間をかけて抽出することで、植物性ミネラルが70種類以上復元できたんだ。

この大地の恵みをふんだんに緑イ貝の栄養素と葉酸、ビタミンCなどバランスよく配合してるのがmirioなんだ。

だから、pmsなどの問題だけでなく総合的に力になれるんだ!