リーコです♪


毎日暑いですね。汗と湿気でベタベタ。


そんな時でも絶対にくる”アレ”正直蒸れるし、かゆみとかもツラいですよね。
その毎月くるあの憂鬱な日々に必ずお世話になっているのが生理用品ですよね??
そのお世話になっている『生理用ナプキン』何から出来ているか知っていますか?

実際、使用されている原材料は石油系素材。肌にあたる部分は漂白されたポリエステル・ポリプロピレン・レーヨンなどの不繊布。
内部には、漂白された綿状パルプ・高分子吸収材・ポリマーなどの吸収促進剤・消臭目的のデオドラント材・香料などの化学物質がたくさん使われているそうです。
それに製品を清潔に保つために漂白が義務付けられていて、一般の紙ナプキンには塩素系漂白剤が使用されているそうです・・・。


生理中に長時間使用するナプキン・タンポンなどの使い捨て生理用品は経皮毒のリスクも高いことが危惧されているとか。それが生理痛だったりPMS、さらには不妊・子宮内膜症・流産などを引き起こす原因になることが心配されているとか、いないとか・・・。
じゃあどうすればいいのー!!!涙


今は布ナプキンも出ていますよね。そこで、紙・布両方のメリット・デメリットをあげてみます。

布ナプキン
メリット
ゴミが出ない
経済的
かぶれにくい
経血の色がわかりやすい
温かい
におわない

デメリット
洗濯が必要
値段が高い
ずれやすい・もれやすい
外出先で交換しにくい
不衛生
厚い

紙ナプキン
メリット
使い捨てできる
携帯しやすい
衛生的
ずれにくい・もれにくい
吸収がよい
薄い

デメリット
ゴミが増える
ムレやかぶれが起きることがある
経血量が把握しにくい
消耗品である



んー結果どちらが・・・私は紙ナプキン派です。以前は生理痛などに悩まされていましたが、この仕事についた今はミィリオも飲んでいますし身体のことを勉強してるおかげでそれとも”さようなら”できましたし。栄養、特にミネラルをバランスよく摂っていれば100%解毒とまではいかなくても良いのかなと思っています。